孫にランドセルをプレゼントする時の注意点

孫にランドセルを買う時の注意点

孫にランドセルを買うことを考えているならば、可能な限り早い段階で親にプレゼントすることを伝えましょう。

いざプレゼントしたら既に親やもう片方の祖父母が購入していたというケースは毎年のように発生しています。

面倒ではありますがランドセルをどっちが買うか問題は、下手をすると家族間のトラブルにもなりかねない危険性を秘めているので、きちんと誰が買うのか話し合いを行うことをおすすめします。

また子供の家庭環境にもよりますが、高価なものを贈るのは避けたほうが無難です。

話し合いによって長男は父方が、次男には母方からプレゼントすると決めていた場合などで、兄弟間の持ち物に差がつくのは喧嘩の種になります。

普通の公立学校に通うのであれば高すぎるランドセルは他の父兄からのやっかみや、子供がイジメにあう原因にもなりかねません。

周囲に相談せず購入することは避け、子供に学区の状況などを確認してお孫さんが周囲から浮かないように注意しましょう

 

孫に喜んでもらうランドセル選びのポイント

孫に喜んでもらうランドセル選びのポイントはとてもシンプルです。

それは本人が欲しいものを買ってあげることです。

買い物は任せて後でお金だけ出す人も多いですが、一緒に買物してあげると家族の良い思い出になるのでおすすめです。

本人が選んだものを買うつもりだったけど、いくら何でもこのデザインでいいのか心配だという場合もあるでしょう。

祖父母世代では伝統的な赤と黒のランドセルが人気ですが、孫はピンクなど昔では販売すらしていなかったモデルを欲しがることが多いからです。

これについては賛否両論ありますが基本的には本人の意思を尊重してあげた方が上手くいきます。

その代わり買い物をする前に「本当にこれでいいのね、後で別のにすれば良かったと言ってもダメだよ?」と確認と約束をさせましょう。

ただし本人が選んだものが他の子のものと比べて高価な場合は別のものにさせるのもありです。

これは高すぎるものを持たせることは周囲の嫉妬を煽り、イジメの原因になる場合があるからです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です