本皮のランドセルを6年使った後の皮の再利用の方法【最先端】

ランドセルの革をリサイクルして作れるものは何?

ランドセルというのは、小学校の6年間を送るための小学生にとっては欠かすことのできない必需品ですが、6年間の小学校生活を送ってしまったらもう使う機会がないからといって捨ててしまう場合も考えられますが、これは非常にもったいないことであると言えます。

最近では、使い古したランドセルを捨てずにランドセルの革を再利用して新しい商品に生まれ変わらせるという方法も普及がされています。

例えば、ランドセルの革を再利用した場合には小銭入れなどの革製の財布やバック、ベルトなどの私たちのふだんの生活においては欠かすこのできないものへとよみがえらせることができるということになります。

使い古したランドセルを記念品としてそのまま残しておくということも考えられますが、プロの職人による財布やバック、ベルトなどに生まれ変わらせることで実用品として使用するメリットもあり、最近ではテレビや雑誌などにおいても取り上げられていることです。

ランドセルを海外に寄付する方法と料金

使い古した思い入れのあるランドセルを海外に寄付するという活動もあるもので、このような活動は、想い出のランドセルギフトと言われています。

とくにアフガニスタンにおいては、女の子が教育を受ける機会に恵まれていない現状ですが、学校で勉強が行なえるようにという支援活動を目的として行なわれているものです。

そして、自分自身や自分の家族を守っていくための知識や情報というのも身に付けていくことが大切で、このようなこともできるように行なわれているものです。

このような活動というのは、2004年から活動がスタートしたものですが、いままでにはたくさんの思い入れのあるものが寄付されました。

送るためには無料ではなく1個につき1800円がかかりますが、これは海外輸送費用のための送料のものになります。

また、書き損じてしまった書き損じはがきを送ることでも送料の代わりという意味で利用できるものや指定された倉庫に直接送ることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です