日本のランドセルは貴重!6年使ったランドセルを海外に寄付する方法

日本のランドセルが世界で人気の理由

日本のランドセルは世界で人気があります。アメリカやイギリス、ロシアやヨーロッパやアジアの国々など、世界中で人気が広がっています。

ハリウッド女優が使い始めたのがきっかけとも、日本のアニメに出ていたランドセルがきっかけとも言われています。

最初はファッションの一部でしたが、使用していくうちにその機能性のすばらしさと頑丈さに気づいた人たちがSNS等に投稿して人気が広まっていきました。

ランドセルに詰め込まれた日本の技術力の高さがファッションとしてだけでなく実用性の面でも認められて世界で人気が広まっていったのです。

計算つくされた機能的な形は、ノートパソコンやタブレットも収納できますし頑丈なので持ち運びも安心してできます。

また、背負いタイプのランドセルは両手が自由に使えるので自転車通勤の人にも便利です。

最近のランドセルはロック機能のついたものもあり、中身が盗まれにくい鞄の設計も海外で人気がある要因の一つとも言えるでしょう。

 

ランドセルを寄付する方法と団体

小学校6年間使用した思い出の詰まったランドセルをそのまま保管したり、小さなものに作り替えたりして手元に残しておく方法もあります。

また、最近では使用済みのランドセルを海外へ寄付する方法もあります。

海外に寄付する場合は、ほとんどがボランティアで行っています。

ボランティアを行っている日本の会社は、製造会社やNGO団体、発展途上国へ物資支援をしている会社などがあります。

ただ送るだけでなく、ノートやえんぴつ、クレヨン等の文具を詰めて物資が不足している海外の途上国へプレゼントする活動をしています。

そういう活動をしている会社のHPから送り方等の詳細を調べることができます。

その会社やNGO団体までの送料が必要となる場合がありますので、直接問い合わせて確認してみましょう。

通年募集しているところや、期間を定めて募集しているところもあるので注意が必要です。

思い出の詰まったものが他の人に大事に使ってもらっている写真等もHPから見ることができます。

必要とされている人たちに使ってもらえることの大切さを知ることができる良い活動と言えるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です